つながるオフィス 14 Feb 2017

居抜き物件の募集の登録と物件を探すベストなタイミング


オフィスの居抜き物件の需要は多く、物件の種類は多種多様!

このコラムをご覧いただいている方のなかには、今オフィス移転を居抜きでご検討中の担当者さまもが多くいるのでないでしょうか。
入居先の物件を探しつつ、移転後の退去する物件の原状回復費用が思ったよりも高いと感じたことはありませんか?
原状回復費用をコストカットする方法の一つは、退去する物件も入居したい物件のように居抜きで退去することです。
現在オフィスの居抜きでの需要は、どんどん増えており、探している側の希望も多種多様になっています。そんな需要が高まっている時期だからこそ、居抜き需要が御社のオフィスにもあるかもしれないということです。つまり、今あなたがいらっしゃるオフィスにも別の会社が入りたいと考える可能性です。

まず登録を!

 せっかく制作するために、高い費用や長い時間をかけたオフィスを、また原状回復の際に高い費用がかかるのはもったいない!このままオフィスを使いたい会社はないかなという願い。
 デザインやレイアウトが希望にかなうオフィスに入りたいけど、オフィスの移転費用にこれ以上高い費用はかけられない、すぐにオフィスを移動したいから時間をかけられないという願い。
 この二つの願いをかなえるのが「つながるオフィス」です。
 昨今のオフィス移転の物件の動きの早い市場性を鑑みた場合、常にオフィス環境や物件情報、賃料動向などに担当者の多くが敏感になっています。そのため、「つながるオフィス」にも多く、入居したいと物件のお問い合わせをいただいておりますが、意外に自社のオフィスにオフィス居抜きの物件となる可能性があることに気づかれておりません。

 御社のオフィスもオフィス居抜きの募集物件として登録をしてみませんか。
 ご希望を頂ければ、弊社スタッフによるヒヤリングをさせていただき、物件の撮影や物件情報を完全無料にてつながるオフィスに掲載させていただきます。
 住宅でもオフィスでも、物件情報はとても足が速いため、タイミングがとても重要になります。つながるオフィスをうまく利用することで、次のオフィス移転を好条件移転するために備えることができます。
 オフィスの移転をすぐに考えてなかったとしても、オフィス移転で好条件で移転をする可能性を広げるために、まず御社のオフィスをつながるオフィスでご紹介させてください、
 ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

関連記事