つながるオフィス 21 Nov 2016

最近の働き方のスタイル


​ 最近【働き方】という言葉をよく耳にしませんか?

働き方といってもさまざまなスタイルがあります。今回は「働き方」に関するトレンドをキーワードごとに紹介していきます。

・ コワーキングスペース

事務所スペース、会議室、打ち合わせスペースなどを 共有しながら独立した仕事を行うワークスタイル。他の利用者と交流しながら、仕事や勉強に集中できるオープンオフィススペースのこと

・ リモートワーク

所属している会社のオフィスではなく、自宅や自分の好きな場所で自由に仕事をすること

・ フリーアドレス

会社のオフィスで仕事をするが、自席を持たずにその時の状況によりリフレッシュスペース、個別の席やプロジェクトテーブルなどで仕事をすること。

 最近の「働き方」のトレンドは、自席を持たずに自由に席を選択して、働くといった自由なスタイルが徐々に増えてきています。そのため、オフィスのレイアウトでは、リフレッシュスペース、オープンスペースなどを取り入れるレイアウトの需要が増えています。 

「働き方」のスタイルは、日本のトップ安倍首相(政府)が掲げた働き方改革を受けて、長時間労働、女性や高齢者が働きやすい社会を作るために、多種多様になっています。

働き方に合わせてオフィスも変化

 働き方のスタイルが変化することによって、オフィスも変化しています。オフィス移転を検討されるなら、最近のオフィスのトレンドを実際に見てみたいというときはこちらを!

関連記事